建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】

建築士の転職の大事なポイント

建築士は1級・2級建築士の資格を持っていれば活躍の場をどんどん広げられる職業です。センスを活かしたクリエイティブな仕事内容も人気が高い理由です。転職する場合は転職サイトで求人を探すのが最も効率的です。

転職業界大手のリクルートエージェントでは、建築士におすすめの求人を多数保有しているので、これから建築士として転職をお考えの方にピッタリのサービスです。転職成功実績も高いので安心して利用できますね。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
圧倒的な認知度の高いエージェントがリクルート!建築業界の認知度も高く、スーパーゼネコンやゼネコン企業に太いパイプを持っているから、ハイクラス狙いの方にはかなりオススメ。非公開求人数が多いから、一般求人媒体で見つからなくても、ここなら求人が存在している可能性が高い!圧倒的な求人数と、質の高さを併せ持った転職エージェントの中でも最大手の呼び声が高い。条件面にこだわりがある方なら断然にここがオススメです!



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
新卒者のサポートで有名なマイナビグループが運営している転職エージェントがマイナビエージェント!一級建築士資格者はもちろん、二級建築士や木造建築士といったどうしても書類選考の時点で落選してしまう方には、オススメのエージェント。書類通過率は数多くあるエージェントの中でもナンバーワンの呼び声が高く、建築業界未経験者や業界での実績がまだ浅い転職希望者などのサポートには抜群の力を発揮している。資格はあれど実績面でイマイチ自信のないの方などにはオススメです。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
スキルマッチング機能や、瞬間マッチング機能など、とにかく転職希望者に最もベストな業界、職種、希望企業などをリサーチ出来る機能が充実しているエージェント。建築士のような様々なジャンルがあったり、沢山の転職先が用意されているような職種の場合には、かなり重宝出来る転職エージェント。また、建築士の中でも6パーセントしか存在していないとされる女性の転職サポート力には、業界でもかなり高い評価を受けている。抱えている案件も大手が多く、待遇面が期待できる。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
実際に各企業で働く社員が口コミを寄せる転職エージェントとして、業界でも注目を集めているのがキャリコネ!求人の募集要項では伝わらない本音を把握しているエージェントとして多くの転職希望者に重宝されています。建築士の中でも給与や待遇面が良いとされる大手やゼネコン、スーパーゼネコンは本当に待遇が良いのか、仕事にやりがいがあるのか。建築士としてやりたい仕事が出来ているのかなどを現職の建築士が教えてくれる貴重なエージェントです。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
長期にわたって安定した人気があるエージェントがDODAです。転職希望者にとって、ありそうでなかった、あったら嬉しいと思えるサービスを提供していることで有名。積極採用企業情報などを優先的に掲載しており、インフラ整備の需要が高まり、人手不足が深刻化している建築関連の企業が非常に目立っています。建築士の経験者ばかりでなく、未経験者も積極採用している企業が目立ちます。



建築士が希望の求人を見つけるには?

建築士は建築士法によって定められている国家資格になります。仕事内容は建物の設計はもちろんですが、工事監理やビルメンテナンスといった建築業に関わる広い分野で需要が高い職種でもあります。つまりは、設計はもちろんですが、施工や管理業務といったものも行うということです。このため建築士の仕事の広さは他の職種と比較にならないほどに広い分野を担当することになります。これは逆に言ってしまうと、それほどに広いジャンルでの需要があるということを意味します。

ただし、大きく分けて意匠系と呼ばれる、主に建物の配置を決めたり、デザインそのものを決めるといったような業務を担当する仕事と、構造的な部分を担当する構造系と呼ばれるジャンルの仕事。最後に電気や空調といった建築物には欠かすことが出来ない設備のメンテナンスや施工などを行う設備系とに分けることが出来ます。このように建築という広いジャンルの中でも、大きく3つに分けられるため、転職の際には、いずれかの方向性を決めておくと良いとされています。

一級建築士などの資格は、取得が難しい割には、資格を取得したからといって、正直待っていても仕事が来たり、どの企業からでも引っ張りだこになるのかといえば、それは甘いと言わざるを得ません。資格にプラスして、プラスアルファの要素を持っていなければ、なかなかに仕事を取ってくることが難しい世界だとも言われています。芸能界のように成功するのはほんの一握りと言われている厳しい世界でもあるということを覚えておきましょう。

ですから前述にあるように、大きく分けて3つある方向性の内のどれかに視点を定め、ある程度の方向性というものを最初の内から決定して、キャリアを積んでいくことが望ましいと言えます。求められているのは、専門的なプロフェッショナルですから、広く浅いといった建築士はあまり重宝されない傾向があるのです。自身が望むような求人と巡り会いたければ、早い段階で方向性を見出し、着実にステップを踏んでいくことが重要なのです。

建築士という仕事は、上記に挙げた3つのジャンルのいずれのものでも、多くの人間と関わる仕事になります。建築士としての知識やスキルはもちろんですが、説得力や均衡能力など当然にコミュニケーション能力を求められることになるのです。自身の建築士としてのポジションが転職を希望しているその時点でどのくらいであるのかを転職エージェントなどを利用して確認してみましょう。

建築士の採用基準は?

建築士として転職を希望されている方の中には、建築士の採用基準がどのような条件であるのか気になっている方は多いことでしょう。そのためには、一般的に建築士として向いていると思われている条件や、適正といったものを把握しておくべきでしょう。まず挙げられるのは、美的センスに優れている方です。建築物をデザインするというジャンルばかりではなく、デザイナー職では、美的センスは必須条件と言えるでしょう。建築士は立派なデザイナーですから、美的センスを求められることになるのです。

建築物ばかりではなく、例えば商品のパッケージデザインや、絵画、陶芸、家電や家具といったもののデザインを日常的にチェックするような努力を怠ってはいけないのです。とにかくデザインそのものに興味があり、それを当たり前に探求するような人材や、いつまでも自身のセンスを磨き続けるのが当たり前と思っているような人材が建築士には向いているとされています。

他にも建築士には幅広いジャンルの知識が求められます。構造力学を代表とする物理に関しての知識や、塗料や建築材料などに関しては化学のジャンルの知識が必要です。他にも実際に住んだ場合に問題視されるカビの発生や、シロアリなどの発生に対して対策を施すためにも、生物学のジャンルに関してもある程度の知識が必要です。更に言えば、せっかく建築物を建てようとしても、土地的に倒壊の恐れがあれば、そこに建築物を建造するのは危険ですから、地質学などの知識も必要になってくるでしょう。

上記に挙げたように、理系のあらゆるジャンルの知識を求められることが多いため、常に向上心を持っている方が重宝されることになります。前述にある美的センスは感性といえるでしょうが、もう一つの条件としては、確実な知性が求められることになるということです。関心を持てないと、正直知識を取り入れようとは思わないものですから、理系ジャンルにおいて広く興味や関心を持てる方が採用基準に達しているとされています。

最後の採用基準としては、建築基準法や耐震強度を守るという強い正義感が必要です。しばらく建築物に関しては、手抜き工事などの問題が報道されていましたが、利益のために実際にそこに住む人間のことを考えず、こういった不正を平気で働いてしまうような方は、建築士としては失格とみなされます。関連法規を知った上で、それを遵守するという正義感がない方も、採用基準には届かないと思われるのです。

TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.