建築士の採用基準

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の採用基準

建築士の採用基準

建築士として転職を希望されている方の中には、建築士の採用基準がどのような条件であるのか気になっている方は多いことでしょう。そのためには、一般的に建築士として向いていると思われている条件や、適正といったものを把握しておくべきでしょう。まず挙げられるのは、美的センスに優れている方です。建築物をデザインするというジャンルばかりではなく、デザイナー職では、美的センスは必須条件と言えるでしょう。建築士は立派なデザイナーですから、美的センスを求められることになるのです。

建築物ばかりではなく、例えば商品のパッケージデザインや、絵画、陶芸、家電や家具といったもののデザインを日常的にチェックするような努力を怠ってはいけないのです。とにかくデザインそのものに興味があり、それを当たり前に探求するような人材や、いつまでも自身のセンスを磨き続けるのが当たり前と思っているような人材が建築士には向いているとされています。

他にも建築士には幅広いジャンルの知識が求められます。構造力学を代表とする物理に関しての知識や、塗料や建築材料などに関しては化学のジャンルの知識が必要です。他にも実際に住んだ場合に問題視されるカビの発生や、シロアリなどの発生に対して対策を施すためにも、生物学のジャンルに関してもある程度の知識が必要です。更に言えば、せっかく建築物を建てようとしても、土地的に倒壊の恐れがあれば、そこに建築物を建造するのは危険ですから、地質学などの知識も必要になってくるでしょう。

上記に挙げたように、理系のあらゆるジャンルの知識を求められることが多いため、常に向上心を持っている方が重宝されることになります。前述にある美的センスは感性といえるでしょうが、もう一つの条件としては、確実な知性が求められることになるということです。関心を持てないと、正直知識を取り入れようとは思わないものですから、理系ジャンルにおいて広く興味や関心を持てる方が採用基準に達しているとされています。

最後の採用基準としては、建築基準法や耐震強度を守るという強い正義感が必要です。しばらく建築物に関しては、手抜き工事などの問題が報道されていましたが、利益のために実際にそこに住む人間のことを考えず、こういった不正を平気で働いてしまうような方は、建築士としては失格とみなされます。関連法規を知った上で、それを遵守するという正義感がない方も、採用基準には届かないと思われるのです。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.