建築士の就職先の分類

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の就職先の分類

建築士の就職先の分類

建築士の仕事はその就職先によってさまざまなものが挙げられます。たとえば、代表的なのは「建築設計事務所」です。これは、人気が高く、求人も数多く見られる職場です。いわゆる設計業務を行うことになりますが、その中でも設備設計、構造設計、意匠設計などにわかれることになります。なので、設計業務は設計業務でも、自分が求める内容の設計を行うことのできる職場を見つける必要があります。万が一、転職をして「こんなところは求めていなかった」ということがないようにしましょう。

建築設計事務所は他の住宅メーカーなどの存在と比べると、一般的には知名度の低いものです。というのも、住宅展示場や広告を出すという活動をしないからです。しかし、だからといって住宅メーカーが優先されるわけではありません。住宅展示場や広告を出す費用をかけないことから、設計を求めている依頼者にもコストがかからないという大きなメリットがあります。特に建築するということには大きなお金がかかるものなので、この業界にはなくてはならない存在と言えることでしょう。やりがいのある仕事をしたければ、建築設計事務所は候補に挙がります。

実は建築設計事務所は施工会社と切り離されているものです。つまり建築設計事務所は建築設計事務所の業務を、施工会社は施工会社の業務をそれぞれ優先させるわけですが、それだけ依頼者のことを第一に考えておく必要があります。しかし、施工会社のことをまったく無視してもいいというわけではなく、ある程度の譲り合いも必要です。

他にも、就職先として「住宅メーカー」が挙げられます。建築設計事務所と似たようなものではありますが、それよりも建築士としての自由度が劣ります。というのも、住宅メーカーはそれぞれ設計の仕方を最初からある程度定めているからです。しかし、それが悪いということではなく、問題はどういった仕事をしたいかに尽きます。住宅メーカーによる工法の枠組みがあった方が仕事をやりやすいという人もいますし、そういった場合に転職を検討してみましょう。

住宅メーカーに転職するメリットはその業務の合理性です。一から自分で試行錯誤して設計をしていくのではなく、材料の調達やその運搬、施工の流れが完璧に決まっています。そういった計画性の高さがあるぶん、業務はスピーディーになり、短期間でいくつもの設計を可能にしています。ただし、広告もしっかりと出すことから、コストがかかりやすい一面もあります。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.