建築士の就職先の分類

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の就職先の分類

建築士の就職先の分類

建築士のニーズは高く、実際に幅広い分野で活躍を見せています。たとえば、「リフォーム会社」に就職することも珍しくありません。リフォーム会社はそのままリフォームサービスを提供している会社のことを指しますが、実は一から建築するのと劣らないくらいの依頼が来ます。というのも、リフォームは一から建築する場合とは異なり、何度も行うことが珍しくないサービスだからです。特に近年はリフォームの多様化が進んでいるだけに、これからも業界の成長が期待されています。

リフォーム会社の業務はすでに造られた建物を造りなおすことです。建物が完成したはいいものの予想とは違った場合や、ライフスタイルが変化してニーズも変化した場合、単純にもっと建物のレベルを上げたい場合など、さまざまな依頼者のニーズを満たすことになります。中にはオール電化や太陽光発電などの施工を取り扱っているところもあるため、かなり生活に身近な会社となっています。特に近年は最初からリフォーム(リノベーション)をする目的で建物を購入する場合もあり、コスト削減などに役立てられています。

建築士はリフォームサービスで実際に設計することもあれば、見積りの計算を行ったり、現場の監督をすることもあります。ちゃんとあらかじめ依頼者と決めた通りに工事が行われなければならないため、施工の管理や依頼者への報告を行います。リフォームはその依頼によってさまざまな建築のノウハウを身につけることができるので、建築士としてのスキルアップに役立ちます。長く続けていけば独立開業も夢ではありません。

また、他にも建築士の就職先として「ゼネコン」が挙げられます。ゼネコンは建築の請負を行う会社のことを指し、ここの設計業務に建築士があたります。ゼネコンと関連性が深いものにはサブコンがあり、一部の施工を請け負っています。ゼネコンの特徴は会社の規模が大きいことで、それだけ建築士の待遇も良いものになっていることが多いです。給料の多さを重視したければ、まず就職先として候補にしておきたい会社と言えることでしょう。また、ゼネコンはその企業力を活かし、研究開発を盛んに行っている場合があります。これは特に建築業界の中でも専門性が高いと呼ばれているものですが、それだけやりがいもあります。ゼネコンにはこのようにさまざまな部門があるため、就職先選びには困らないことでしょう。ただし、大手になるほど採用が厳しくなる特徴があります。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.