建築士の通信講座

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の通信講座

建築士の通信講座

建築士の資格を取るためには、建築科のある高校や高専、または建築関連の大学を卒業する必要があります。その上で、建築、土木関連の会社に入り実務経験を数年積むことも条件となります。こうした条件を満たしたのち、初めて国家試験を受けることができます。この国家試験のレベルは総じて高く、たくさんある国家試験の中でも難易度が高いとされています。そのため、建築士の資格を取るためには、徹底した試験対策が欠かせません。

建築士の国家試験をパスするためには、建築基準法を始めとする法律関連の問題や、建築物構造に関する計算、建築の歴史などかなり多岐にわたる学習が必要となります。もちろん、独学で試験対策をして見事試験に受かる人もいますが、多くの場合予備校に通ったり、試験対策専門の塾に通ったりします。しかし、多くの受験者は仕事をしながら勉強を続けているため、なかなか時間を取り分けられないという実情があります。こうしたことから通信講座を利用して、受験対策をして試験に備える人が増えています。

建築士試験のための通信講座は、試験に出題されるすべての分野を網羅して、細かく必要な知識を説明するとともに、過去問を徹底分析して出題の可能性が高いところを重点的に教えてくれます。また、受講生が記入した問題の解答を講師が添削して、どのように理解したらよいのか、正しい解答はどうなるのかなどを細かく指導してくれます。こうしたシステムによって、効率よく試験対策を進めていくことができますので、短期間でしっかりとした勉強ができます。また、実際に試験を受けた後に、すぐ模範解答を示してくれますので、試験の合否をすぐに判断できるというメリットもあります。

建築士の通信講座を提供しているところはたくさんあります。それで、上手に通信講座を選ぶために、実績のあるところを探すようにしましょう。人気がありたくさんの受講生を抱えているところでは、過去にどのくらいの合格率を保ってきたかを公表していることが多いので、すぐにどの程度のレベルの講座を提供しているか、過去問の分析力がどのくらいかなどをすぐに見分けることができます。料金は多少の差があるとはいえ、相場の範囲内に収まっているところがほとんどですので、大きな負担となることもないでしょう。短い期間で効率よく勉強を進められて、建築士の資格を取ることができるのであれば、多少の出費は大きな損失とはならないでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.