建築士の1級と2級の違い

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の1級と2級の違い

建築士の1級と2級の違い

建築士と一言で言っても、様々なジャンルの建築士が存在しますし、関連する資格が存在しているものです。ですが、最もメジャーなものとして知られているのは、1級や2級といった建築士ですよね。この一級建築士と二級建築士の違いはしっかりと把握しているでしょうか。簡単に言ってしまうと、一級建築士と二級建築士との大きな違いは、設計管理をすることが出来る建造物の規模の差に違いがあると言われています。ごくごく一部の例ですが、学校や病院施設、映画館などの大型の公共施設は、二級建築士では設計管理をすることが出来ません。

更に言えば、建築物の高さに制限があったり、利用することが出来る素材などに関しても、二級建築士では扱えないという細かい規定が設けられているのです。二級建築士の場合には、公共建築物に関しては延べ面積が500平方メートル未満の建築物しか設計や管理をすることが出来ません。木造建築物に関しては、高さが13メートルまで。軒の高さで9メートル未満の建築物しか手がけることが出来ないようになっているのです。

他にも鉄筋コンクリート製や鉄骨造。他にも石造りなどの場合では、延べ面積が30平方メートルから300平方メートルで、高さが13メートル未満、軒までの高さが9メートル未満の建築物しか扱う事が出来ないようになっています。その他にも、二級建築士の資格では、扱えない建築物は沢山に存在しています。これらの制限を受けることなく建築物を扱う事が出来るのが、一級建築士ということになるのです。

また、やはり資格取得の難易度が圧倒的な違いと言えるでしょう。建築関連資格をざっと比較しても、一番難易度が高いのが一級建築士とした場合、次に高いのがマンション管理士、一級施工管理士、そして二級建築士といったランキングになります。ちなみにその下に管理業務主任者や宅地建物取引主任者や木造建築士といったものがランキングされています。一昔前と比較すると二級建築士の難易度も上がりましたが、それでもこのくらいの差があるのです。

難易度が高いとはいえ、一級建築士の資格を取得することは、建築士を名乗る上では必要最低限の資格だと言われています。大学などで建築家や土木科などある程度の知識を獲得している方が多いという印象が多いので、ポイントになっているのは、建築士の資格を取得してからどのような実績を積んできたのかに掛かってくると言われているのです。二級と一級に違いはあるものの、どちらも資格を取得してからの実績が重要と言われています。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.