建築士の志望動機

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の志望動機

建築士の志望動機

建築士として転職を成功させるためには、基本的に志望動機をしっかりと作りこんでおくことが大事になります。書類作成でも面接時でも、必ず聞かれる項目がこの志望動機になりますし、この作り方が悪いと、いくら建築士としての腕があっても、それを正当に評価されることは難しいと言えるでしょう。面接時には様々な質問をされると思いますが、そのほとんどが、ただ言い方を変えて志望動機を聞き出し、それに一貫性や矛盾点がないのかということの確認を行なっていることが多いものなのです。

建築士として転職を実現させるために有効な志望動機というのは、まず建築士としてのキャリアの方向性などをしっかりと明確化していることが望ましいと言えるでしょう。建築士という職種の転職先を考えた場合、ざっと挙げても個人の建築設計事務所から中小規模の企業。更にゼネコン等の大手企業や大手不動産企業まで本当に沢山の企業へと転職することが可能です。ですから、建築士としてどのような建造物を対象にしたいと思っているのかを明確化していることは重要なことなのです。

方向性が決まっていれば、それに見合った転職先を希望するべきですね。大型の商業施設を手がけたいと思っているのに、地方の中小規模の建築・設計会社に転職を希望しても、相手側からしてみると、そこに正当性を感じることは難しいと言えるでしょう。一戸建てに関しても、木造にこだわりを持って建築・デザインをしている企業なのか、そうではないのかによって、志望動機には差別化を図ることが必要なのです。

企業が示している建築物についての思いというものと、自身の建築士としての目指す方向性が如何にマッチングしているのかということを志望動機に取り込んでいくことによって、始めて説得力が生まれると言っていいでしょう。そして何よりも、経験といったものを絡めていくことも非常に重要なことになるのです。

大手ゼネコンや不動産会社への転職を目指している場合であれば、都市計画であったり、特定エリアの再開発など、非常に大きな案件を抱えていることが多く、こういったものに対しての意見なども志望動機にからませていくと、説得力を持たせる事が出来ます。上記のような注意点を考慮しながらも、どのような建築士になりたいと思っているのかなど、自分の言葉を使って簡潔に表現出来るようにしておきましょう。それを志望動機すれば、受け入れられる確率はかなり高くなると言えます。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.