建築士を辞めたい時

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士を辞めたい時

建築士を辞めたい時

建築士の仕事を辞めたいと思っている場合、やはりその多くは建築士の大変さやこの職業独特の苦労といったものを感じて辞めたいと思うケースが多いようですね。建築物を作るとなった場合、多くのクライアントが求めるのは、機能性とデザイン性の両立です。格好が良いデザインでありつつも、バルコニーが欲しいだとか、ロフトをつけたいだとか、3階建てのヨーロッパ調のマイホームが欲しいといったような要求ですね。

ただし建物を建築するには、建築法などを始めとする様々なルールが存在しているのです。例えば、エリアによっては、景観などの理由で何メートル以上の建造物を建築しては行けないというようなものです。それをクライアントは知らないわけです。その上で土地を購入し、自分の夢であるマイホームを設計して欲しいという要望を持っているわけですね。それを叶えてあげたいのは当然に建築士も思うことでしょうが、基準を守らなければ、違法建築物になってしまうわけです。

安全かつクライアントに喜んでもらえるような設計をしていくためには、非常に沢山の努力をしていく必要があるのです。こういったものが嫌になってしまったり、クライアントとの折り合いがつかないというようなことがあったり、どう考えてもクライアントの要望と設定予算のバランスが悪いといったようなことも、建築士の苦労としては聞かれる話です。こういった苦労に耐える事が出来なくなってしまった場合、建築士の仕事を辞めたいと思うケースが多いようです。

他にも、経験が薄い建築士の方の場合には、様々な知識を習得しながらも、現場経験を積んでいきます。その際には、もちろん半人前としてしか認められていないわけですから、それなりの給与しかもらえません。更に、企業規模によっては、自身が行いたいという設計の仕事がなかなか依頼されないというケースも少なくありません。こういった時に、話が違うということで建築士の仕事を辞めたいと思うケースが多くなるようですね。

他にもプレッシャーが挙げられます。基本的に建築物を建造するには、竣工予定日というものが設定されているのです。それを延期したり、守れないということは、建築士としての信用問題に発展しますし、信用を失えば、二度と仕事を任されないというケースも少なくありません。特にマイホームなどに関しては、後から後から要求が増えることもありますし、変更箇所なんてものも出てくるものです。しかし、竣工期日は変わりませんから、期日を絶対に守らなければというプレッシャーに押しつぶされて退職を決意する方も珍しくありません。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.