建築士の転職と履歴書

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の転職と履歴書

建築士の転職と履歴書

履歴書は建築士の転職に重要な影響を及ぼす書類です。なので、何も考えずに作成するよりは、ちゃんとした採用してもらうための戦略をもって書いた方がいいでしょう。特に履歴書の書き方しだいで面接での感触が変わることも珍しくありません。転職を成功させるために、まずは履歴書作成のノウハウを身につけていってください。

まずは転職の希望動機の書き方が挙げられます。つまりなぜその求人に応募したかということですが、自分の建築士としての展望とからめていくといいでしょう。というのも、これから先何年、何十年と建築士を続けていくのなら、漠然と続けるよりも、ハッキリとした未来像を持っている方が採用側からしても好ましいからです。たとえば、建築設計事務所に転職する場合であれば、その事務所でどういった経験を積んでいきたいのかということを動機に組み込んでいきます。それだけに将来のビジョンをしっかり持っているというだけでなく、そのビジョンが応募先とマッチしているかどうかも重要なポイントです。

もう一つ、履歴書において動機と同じくらい大切なのが自己PRです。ここで自分がいかに建築士として、相手にとって魅力的かということを伝えます。これは相手の企業がどのような人材を求めているかで変わってくることなので、まずはそのあたりを調べておくといいでしょう。特に以前建築士として勤務していたところがあるのならば、そこでの経験を詳しく書くようにします。やはり優れた実績があるかないかで採用側の見る目が変わってくるので、積極的にアピールしていくべきです。また、単に優れているだけでなく、応募先の企業の特徴に合っている実績ほどポイントになります。たとえば、応募先の企業が住宅重視であるにも関わらず、住宅以外の実績をアピールしてもあまり効果はないのです。

一般的にどのような建築士が採用されるのに有利かと言えば、知識の豊富さが挙げられます。建築士であれば必要な知識は全部揃っているというわけではないため、同じプロフェッショナルだとしてもその差は歴然と表れます。たとえば、土地の地層に関することや、建物の構造、材料、塗装に関することなど、建築における知識の分野は多岐にわたります。これらは長年の経験によって身につけていくしかないため、知識が豊富ということはそれだけ貴重な建築士ということになります。また、知識だけでなく、どのようなニーズにも応えられる感性も必須の条件です。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.