建築士の自己PR

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の自己PR

建築士の自己PR

建築士として転職を希望されているのであれば、自己PRはしっかりと行いたいものですね。自己PRを良質なものにするには、希望している転職先企業が、それぞれに抱いている建築物に対しての思いというものをしっかりと理解しておくことが前提になってきます。自分が誇れる自分の要素をそのままに自己PRとして相手に伝えても、転職先企業が見ているような方向性とまったく違ったものである場合、残念ながら欲しい人材とは思われないものだからです。

ポイントになってくるのは、やはり建築業界での経験を取り入れるということでしょう。具体的にこれまでに行なってきた業務がどのようなものだったのか。そして建築士として自身が目指す方向がどのようなものなのか。自身が目指す方向性を実現させるために、前職の中でどのようなことを行なってきたのかなど。こういったものを自己PRの中に入れることが重要になってきます。当然にそこに企業が見てみる方向性を絡めることが重要なのです。

前職に在籍していた時から、将来にどのようなことを見据えていたのかはとても重要なことになります。例えば、一般的な住宅の設計を行なってきたけれど、将来は大きな商業施設を中心とした設計を行いたいと思って、どのようなことをしてきたというようなPRです。転職希望先企業が、商業施設などの大型の建築物を主に扱っている企業であれば、これほどにマッチした人材はいないと感じることでしょう。

関連資格を取得していれば、それを絡めて、目標の実現のために、具体的にどのようなプランニングをして、どの程度の期間を設定し、資格取得に至ったのかということもしっかりと自己PRとして入れておくべきでしょう。なぜその資格を取得しようと思ったのか、思い立ってから資格取得までのプロセスもしっかりとストーリー立ててアピールしていくと、評価をしてもらうことが出来るでしょう。志望動機とは別に問われるものですから、志望動機とはかぶらないように注意をすることも重要です。

建築士として仕事に取り組む姿勢といったものや、自身の強みというものを、自己PRとして表現していきましょう。特にこれは個性が出るものですから、しっかりと自身の経験と自身の言葉を使って作成したい所ですね。どうしても上手に作成出来ないのであれば、転職エージェントなどに登録をして、自己PRの作成サポートを受けるようにすることをオススメします。あなたらしさを発見出来ますし、あなた独自の自己PRが作成出来る可能性が高いのです。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.