建築士の研修

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の研修

建築士の研修

建築士は誰にでもなれるわけではありません。関連資格を取得してくことは、最低限に必要だとしても、資格を取得したからといって、転職市場で引っ張りだこになるかといえば、そうとは言い切れません。建築士になるための必要最低限のスキルとしては、建築に関しての広い知識と、関連法に対しての知識。そして図面作成の能力と言われています。この3つは必要最低限の条件になりますから、確実に身に着けておきたいところですね。企業によっては、研修制度が充実している所もありますから、そういった所を転職先に選択するのも良い方法です。

建築に関連する知識は、本当に多ジャンルに及びます。環境や色彩感覚、その他にもプランニングなどの計画立案。建築基準法や都市計画法といった建築に関しての関連法規などに関して。他にも構造種別による強度などの違い。現場での管理方法や、数々に存在する施工方法に関しての知識。ざっと挙げましたが、言葉にするのは簡単でも、本当に沢山の知識とスキルを要するのです。

図面の作成には、CADを用いることが一般的ですから、CADなどを始めとするパソコンスキルも必須条件になっていると考えましょう。ただ上記の条件と比較すると、入職後でも十分に習得できるスキルと思われていることが多いため、研修などでCAD関連のソフトの教育を行なっている企業は多く見られています。近年では3Dソフトでの製図なども求められることが多いため、身につけておくと、転職の際や評価のアップに繋がることになります。

本当に建築士として、キャリアを積み、転職などで高い評価を獲得したいと思っているのであれば、研修をあてにするというのは、やめておいたほうが無難です。例えば社会人から建築士を目指す場合では、学歴が大きく左右することになります。すぐにでも建築士資格を取得するための試験を受けたい場合では、大学の建築科を卒業している必要があり、土木科を卒業している場合では、1年以上の実務経験が必要になります。

設計事務所や建築会社、工務店といったような企業で、実際に設計をしたり、工事監理や施工管理といった業務を経験している方の方が、建築士としての評価は高くなります。その上で自身で勉強をしながら、建築士資格を取得する。こういった人材が、転職市場では重宝されると言えるでしょう。ですから、研修をあてにせずに、現場でどんどんと経験を積み、独学で必要なスキルや知識を習得するという覚悟が必要ですし、評価に繋がるといえるのです。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.