建築士の仕事内容

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の仕事内容

建築士の仕事内容

建築士の仕事は、基本的にはそのジャンルによって様々にあるものの、そのベースとなっている仕事は、建築法に基づいた建築物の設計を行うことです。クライアントの要求をなるべく実現するような配慮をしながらも、建築法を知らないクライアントに対して、それらが実現出来るのか出来ないのかを説明し、納得させつつ設計を進めていくのは、なかなかに難しいものです。マイホームなどは一生に一度の買い物になりますから、当然にこだわられて当然なのです。

建築士の仕事は、まずクライアントから依頼を受けた時には、予算や建築物のイメージというものをクライアントからヒアリングすることから仕事がスタートするのです。建築物というのは、どういった目的で利用するのかというものの内容によって、随分とデザイン面などに影響を与えることになるのです。とにかく機能性を重視したいという目的もあれば、洗練した雰囲気にして欲しいとか、都会的なイメージといったざっくりとした要求を具体的な形に起こす必要があるのです。

イメージを図面に起こし、これは当然に建築法をベースにした上、なるべくクライアントのイメージ通りの設計を行うことを心がけます。平面図では足りない場合であれば、ミニチュアの模型なども作成する必要が出てきます。こういったものをクライアントに実際に提出して、おおまかな完成像をクライアントに伝達し、了承をもらうという作業は何気に重要な作業になりますね。

建築士としてのこだわりをクライアントに認めさせつつ、クライアントの要望もなるべく変更がないままに、落とし所を見つけることは何気に難しいと言えるでしょう。建築士としてデザインに起こす能力は当然に必要として、自身の考えと、クライアントの要望、更には法律をデザインとして落とし込むためには、それなりのアイデアが必要になってくると言えるでしょう。大まかな構造の他にも、内装や細かい材料についても決めていく必要があります。

壁の素材や柱の材料。他にも屋根の作りや色といったもの。他にも庭をどのくらいの広さにするのか、どういったデザインにするのかなど、細かく作りこんでいく作業になります。どんなに素晴らしいデザインでもアイデアでも、前提としては予算が存在しますから、その範囲内で出来るだけのことをしていく難しさはあるでしょう。限られた予算の中で、どれだけクライアントの要望を実現してあげることが出来るかが、建築士の腕の良し悪しに影響するといえるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.