建築士の勤務時間

建築士求人TOP >> 建築士転職の基礎 >> 建築士の勤務時間

建築士の勤務時間

建築士の仕事は、一般企業に勤めるサラリーマンのそれとは異なる面も多いので、勤務形態が特殊なところもあります。勤務時間についても会社によって差があり、一般企業と同じように8時5時という勤務時間で働くこともありますし、まったく勤務時間の制約がない事務所もあります。勤務時間の制約がほとんどない雇用形態は、それぞれの建築士がプロジェクトをそれぞれ預かり、自分の裁量で仕事を進めるという形で行われます。給料体系なども、一般のサラリーマンとはだいぶ異なり、プロジェクトごとに報酬が発生するという形で定められていることがあります。

このように、建築士の雇用条件は建築事務所ごとに大きく違うという傾向がありますので、自分に合った働き方ができるかどうかを、じっくりと検討する必要があります。最もポピュラーなものとしては、住宅メーカーなどに勤めて、一般のサラリーマンと変わらないシステムで働くという形です。一日8時間の固定された勤務時間で、残業が生じるとその分残業手当が発生します。給料は月給制で支払われ、ボーナスや毎年の昇給が発生します。普通の会社員勤めと変わらない働き方ですので、とても分かりやすく、雇用条件の比較がしやすいというメリットがあります。雇用が安定しているというのも大きな特徴で、安心感を持って働けるのが魅力です。

もう一つのワークスタイルとしては、1つの事務所に複数の建築士が在籍しているものの、それぞれの建築士がプロジェクトを請け負って独立して働いているというものです。この場合は、雇用形態が業務委託に近いものとなりますので、勤務時間に大きな制約はありません。プロジェクトが順調に進めば問題がないので、ゆっくりと出勤することもできますし、早く退勤することもできます。もっとも、仕事に追われている時はいわゆる残業が生じてしまう状況が続きますので、毎日忙しくなることもあります。

このように、建築士の勤務時間は、それぞれのワークスタイルや所属する建築事務所、会社によってかなり異なります。それで、転職や就職を考えているのであれば、自分の好みに合った働き方ができるような勤め先を探すようにしましょう。働き方によっては、プライベートの時間や家族のための時間を取り分けるのがとても楽になりますので、仕事と毎日の生活の両方を楽しむことができるようになります。充実した生活を送るためにも、いろいろな募集情報をチェックして検討するようにしましょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.