年収1,000万超え(高給)の建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 年収1,000万超え(高給)の建築士求人

年収1,000万超え(高給)の建築士求人

建築士も一級建築士ともなれば、さぞかし高給取りだろうというイメージをお持ちの方は多いことでしょう。ですから、難関と言われる一級建築士の資格を取得して、キャリアを積みたいと考えている方が多いものです。しかしながら、現実を見てみると、一級建築士試験を取得しても、在籍する企業の業績が悪い場合や、建築士としての実績がなければ、思ったような収入を獲得することが出来ず、話が違うという思いを抱いてしまうことが多いようですね。

ちなみに平成24年度の賃金構造基本統計調査の結果によると、一級建築士として活躍なさっている方の平均年齢は49.7歳と以外に高く、平均年収は580万円前後になっています。ただしこれはあくまでも建築業界全体を見た場合の平均年収であり、企業規模の違いによって、その給与差は明確に分かれているのです。10人から99人といった中小規模の建築会社の平均年収は537万円。100人から999人までの中規模企業で594万円。1000人以上の従業員を抱える建築会社になるとぐっとあがり711万円という平均年収になります。

こういったことを考えると、年収1,000万超え(高給)の建築士求人と巡り会うためには、やはりスーパーゼネコンと言われているようなところや、大手不動産会社というような大規模企業を転職先として目指すべきだといえるでしょう。実際に出されている年収1,000万超え(高給)の建築士求人の内容を紹介すると、超有名不動産会社の求人で、事業内容は総合不動産業、ビル、マンション、戸建て住宅の開発、建築土木工事請負いなどとなっています。

他にも戸建てやマンションの内装リフォームを専門にしている企業などでも、1000万円以上を目指せる求人が出されています。ただし、金融関連業や医師などといった職業と比較すると、1000万円オーバーの求人を見つけることはなかなかに難しく、個人レベルの転職活動では、かなり難しいと言わざるを得ませんね。ですから、転職エージェントなどを上手に活用していくことが必要です。

特に建築士という職種上、応募者が殺到してしまう可能性が高いため、スーパーゼネコンなどの求人は、転職エージェントの非公開求人で募集していることが多いと言えます。確かな実績や建築士としての経験、スキル、センスなどを持っている方であれば、転職エージェントを利用して、非公開求人の有無を確認してみましょう。ハードルは高いですから、当然にしっかりとした転職活動が必須条件になるといえるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.