年齢不問の建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 年齢不問の建築士求人

年齢不問の建築士求人

一般的な職業の場合、転職限界年齢というものは、言わないまでもある程度に存在していることはご存知でしょう。基本的にはどのような業種も35歳がターニングポイントと言われています。建築士の場合は転職年齢に限界はあるのでしょうか。ここでは、年齢不問の建築士求人について紹介をしていきましょう。まず、基本的に建築士という職種は、本当に幅が広いということです。そのため、経験が何よりも重要視されたり、センスなどを要求される仕事です。

体力的な問題や、新しいことを次々と覚えたり、力仕事が多いという職業である場合、また世代交代のサイクルが早い職種などは、転職限界年齢も35歳程度ですが、経験を積み、数々のシチュエーションを知っていたり、現場で様々な施工経験などがあるようなベテランは、重宝される業界であるということを覚えておきましょう。ですから、建築士の求人は、何気に年齢不問という所が多いのです。

他の業界でも、労働基準法があるから年齢制限は掛けず、実際には採用する気がないという業界もありますが、建築士の場合は、本当に建築士としての知識やスキルが整っていれば、問題なく求人と巡り合うことは可能です。ただし、漠然と脱サラをして現場経験もなく一級建築士資格を取得すれば、職にありつけるといったような未経験者である場合は、30歳後半からの転職はかなり厳しいと言わざるを得ません。一級建築士資格を取得していれば、職にありつけたという時代は、2サイクル前も昔の話になります。

現在では一級建築士の資格保有者だけでも30万人以上存在すると言われ、資格取得は最低条件。その上で、光るセンスを持っていたり、経験に裏打ちされた確かな技術や知識というものがないと、採用されない傾向があるといえるでしょう。それを踏まえ、実際の求人を紹介すると、賃貸アパート、マンションの建築技術者職で、設計と施工管理を担当する職種の場合、9:00から18:00までの勤務時間で、給与が22万4800円が最低ライン。それに一級建築士を取得していれば、3万円の資格手当、二級で2万円の資格手当がつきます。

他にも給与面に関しては経験により優遇となっています。具体的な応募資格としては、高卒以上、普通免許取得者。施工管理は建築士一級か二級の取得者。または建築施工管理技士一級、もしくは二級取得者。意匠設計、構造設計は一級か二級の建築士資格。工事監理は一級建築士取得者のみとなっています。土日祝日休みの完全週休二日制ともなっていますから、かなり良質な求人と言えるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.