50代向けの建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 50代向けの建築士求人

50代向けの建築士求人

50代の建築士求人は、それよりも若い年齢層の求人に比べると決して多くはありません。どこの職場においても、50代というと長期間勤務している人材が多いため、わざわざ新たに雇用するケースがあまりないのです。しかし、たとえば地方などで、そういった人材が少なく、熟練したプロフェッショナルを求めている職場の場合、求人を出すこともあるので、それが50代向けの建築士求人となります。

基本的に40代以上になると転職が難しくなり、それだけ正社員になりづらくなります。50代の場合はなおさらです。そのため、正社員以外の雇用形態も考えることで、選択肢の幅を広げることを検討するべきです。いつまで経っても転職先が決まらない状況になるよりも、ハードルを下げてても、どこかに勤務する方が間違いがありません。場合によっては何らかの転職サポートを利用することで、効率的に求人を探してもらうことも考えるようにしましょう。

しかし、50代でもスムーズに転職に成功するパターンがあります。それにはまず、転職回数が多くないことと、転職分野で必要とされるスキルが圧倒的に高いことを満たしている必要があります。転職回数が多いと、企業側にすぐ辞めるものだと思われてしまい、採用に結び付きにくいですし、大したスキルがないと、そもそも目に留まることがなくなってしまいます。この2つを満たしていれば、企業側からすれば、貴重な即戦力の人材を見つけたということになり、ニーズも大きいのです。

50代向けの建築士求人において、特に重要なスキルとしては、図面を書けることが挙げられます。図面を書くにはCADが必要で、パソコン操作ができなくてはいけません。また、CADだけでなく、建築士は管理業務もあるため、表計算ソフトの知識もあるに越したことはありません。この2つを使いこなせることはもちろん、ソフトウェアのカスタマイズまで可能であるのが理想的です。

また、図面をパソコンで書けるだけでなく、手書きでもスムーズに書くことができると、対応力が広がります。たとえば、依頼者と話し合いをする時、印刷した資料を用いることはもちろんですが、手書きでも説明することができれば、より細かい意思疎通が可能になります。いくら充実したデジタル資料を見せたとしても、依頼者にとってはわからないところが必ず出てくるはずなので、口頭での説明とあわせて活用していきましょう。また、手書きで説明できるということは、建築士としての造詣の深さを示す、依頼者へのアピールにもなるのです。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.