60代向けの建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 60代向けの建築士求人

60代向けの建築士求人

建築士の仕事には基本的に定年というものがないので、年齢を重ねてもその資格とスキルを活かして働き続けることができます。むしろ、長い経験を持っていて、今までしっかりと実績を積み重ねてきたのであれば、若手よりも良い待遇で転職を成功させることもできます。それで、60代であっても積極的に転職を考えることができるでしょう。

多くの企業では、中途採用者を募集するにあたっては、特に年齢制限を設けていないものです。それで、雇用条件などを比較してみて、より快適に働けて、自分のスキルを十分に活動できそうなところを探すようにしましょう。60代の建築士求人で注意することとしては、業務の量がどのくらいあるかということです。建築士の業務は体力仕事ではないとはいえ、会社によっては、残業がかなりあったり、納期に追われてストレスを抱えながら仕事をしなければならなかったりすることもあります。60代という年齢では、このような働き方はハードに感じられることもありますので、できるだけ落ち着いた雰囲気で仕事を進めていける職場を探すようにしましょう。そのためにも、建築士の残業時間はどのくらいあるのかを事前にチェックすると良いでしょう。

そして、福利厚生の制度がどうなっているのか、雇用形態はどのような仕組みになっているのかを確認することも大事です。一般の社員としての雇用であれば、企業が提供している福利厚生の制度をすべて利用することができますが、会社によっては60代の建築士は、非常勤もしくは業務委託という形で雇用を行っているところがあります。給料は悪くありませんが、保険などの福利厚生の制度が使えなかったり、制限がかかったりすることになります。細かな雇用条件もきちんと確認してから決めなければなりません。

また、それぞれの会社で退職金の制度がどうなっているのかを見るのも重要です。多くの企業では、最低でも3年以上勤務を続けないと退職金が支払われないことになっていますので、その規定年数以上働く気でいるかを考えましょう。そして、退職金が出るとしたらどのような基準で額が決まるのかも見ておくと良いでしょう。退職金の支給基準は、会社によって相当の差がありますので、下手をするとほとんど支給がないということもありえます。しっかりと募集情報を調べることで、後悔のない転職ができるようになりますので、時間をかけて情報収集をして転職先を決定するようにしましょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.