建築士の転職とブランク

建築士求人TOP >> 条件別 >> 建築士の転職とブランク

建築士の転職とブランク

建築業界では技術力が求められることが多く、ブランクの多い人は再就職が難しいと考えられています。しかし実際には、そんなこともないので安心してください。

ブランクがあれば、それがない人に比べて就職が大変なことは事実です。しかし建築士の場合は資格を取得しているという強みがあります。あまりにもブランク期間が長すぎると大変ですが、2〜3年くらいのブランクであればそれほど重荷にはなりません。もちろんそのブランクを埋めるための努力は必要になりますが、再就職は無理だと諦めてしまうのはまだ早く、諦める必要はありません。

建築業界は人手不足の傾向にあり、やる気のある人を強く求めています。極端な言い方になりますが、だらだらと働いている人よりも強い熱意を持って戻りたいと考えている人を評価してくれます。実際に建築士の求人情報を探してみると、ブランクありでも歓迎してくれているところはたくさん見つかります。

ブランクのある人が建築士として転職を希望した場合、ひとまずCADができれば大丈夫と言われるケースが多くあります。雇用する側もブランクがあることは十分に承知しているので、最初から多くを求めることはありません。ただし、そこからどのようにブランクを取り戻していくのかによって評価が変わる点に注意してください。やる気があって頑張る人を応援してくれるのは、どんな企業でも一緒です。

建設業界は男性が多い印象ですが、建築士の場合はブランクのある女性に対してもしっかとサポートしてくれます。主婦をしていて5年くらいのブランクがある人でも、建築士として再就職をして活躍をしている人はたくさんいるのです。しかしそのためには、しっかりと理解のある職場なのかどうかをチェックする必要があります。

ブランクがある人は歓迎していても、そこから先はどのようなキャリアプランが期待できるのか。この違いは、その会社へ就職したことが成功だったのかどうかという評価で大きく分かれます。すぐ使える人材を求めているだけなのか、しっかりと育ててくれるのかは、面接などで確認してみましょう。

ブランクがあったとしても、決して道が途絶えているわけではありません。そこから挽回するチャンスは、いくらでもあります。良い企業が見つかるのかどうかは運次第というところもありますが、最初から諦めるのはもったいないことです。建築士として働いていきたいなら、しっかりと情報を集めて満足できる転職ができるようにしましょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.