ボーナスが出る建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> ボーナスが出る建築士求人

ボーナスが出る建築士求人

ボーナスが出る建築士求人をお探しの方は多いと思います。基本的に建築士という職種では、ボーナスが出るのは当たり前の状況ですから、苦労をすることなく見つけることが出来るでしょう。個人レベルの転職活動や求人リサーチでも、問題なく発見することが出来ます。ただし、ボーナス額が高い求人となれば、ある程度にポイントを掴んでリサーチをしなければなりません。

ちなみに一級建築士の場合ですが、平均ボーナス額は、72万6200円というのが現状です。もちろんこれは一回のボーナス分の額です。大抵の場合、賞与は年2回といった所が多いですから、145万円程度が年間のボーナス平均額と言えるでしょう。年収に関してもそうなのですが、建築士の場合には、やはり所属している企業規模の違いによって、ボーナスの取得額も違っている傾向が高いのです。従業員数が1000人を超えるような企業の場合は、ボーナス2回と計算をして年間で276万円程度のボーナスが平均額となっています。

次に100名から999名というような中規模な建築会社の場合ですが、ボーナス額は意外と少なく90万円という所が一般的です。それに比べ、小規模な10名から99名までの小規模な建築会社では104万円と中規模企業を上回っているというデータが出ているのです。平均年収に関してもこれは繁栄されており、実は中規模企業よりも小規模企業に所属している方が平均年収が高いというデータがあるのです。

超大手などの大規模企業を目指すことが、ボーナス額が高い求人と巡り合うためにはスタンダードですが、大手が無理な場合には、単純に中規模企業を目指すのではなく、建築物のジャンルなどに特化したサービスを提供しているような小規模企業へとターゲットを絞った方が、待遇面では優遇されるという傾向が見られています。少数精鋭であるため、求められる能力は高いものを求められる傾向にありますが、条件を満たしていれば十分に対応することが出来るでしょう。

中規模な建築会社の特徴としては、所定内労働時間は短いものの残業が多く、小規模建築会社の場合は、所定時間が長いが残業が少ないという特徴があり、トータルすると同じくらいの勤務時間になりますが、給与は小規模企業の方が高いという特徴を持っているのです。こういった特徴を把握しておき、実際の転職先を決める指針として持っておきましょう。大きさの順番にボーナス額が多いというわけでもないのです。小規模でも需要の高い建築会社であれば、ボーナスは支給されますし、その額も高い傾向があるということです。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.