海外に携わる建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 海外に携わる建築士求人

海外に携わる建築士求人

建築士という資格と実績を武器に、日本国内ばかりではなく、海外のインフラ整備などで活躍したいという方は多くいらっしゃることでしょう。建築士としての実績があれば、海外で勤務し、活躍できる道も数多く用意されています。実際に海外に携わる転職求人を見てみると、意匠設計系の業務が多く見られています。特に中国やベトナムといったアジア圏、東南アジア諸国での案件が非常に目立ちます。東南アジア諸国は、インフラ整備の需要が高く、高層マンションやオフィスビル。学校、病院などの公共施設の建築ラッシュが続いています。

ある転職求人の業務内容を見てみると、プロジェクトごとにチームを組織し、チームごとに独自の案件を受け持っていくというもの。建築担当や構造、機械、電気、監理といった業務を細分化してチームを組織し、それぞれの業務に当たるといった仕事をしていきます。クライアントの課題や要望を把握した後、社内会議をして全体のコンセプトを決め、ベースとなる設計を行なったり、実施設計を行うといったスタイルになります。

海外のプロジェクトを沢山に抱えているのは、やはり大規模クラスの建築会社が多いですから、それなりの応募条件を課しているところが多く見られています。ほとんどの場合は、一級建築士資格保有者であること。更に、海外文化に精通しており、環境適応能力が高い方。海外在住経験や留学の経験。更に海外建築の設計の経験や、外国の企業との仕事を行なった経験がある方などは優遇されます。

紹介している求人は、語学力は不問となっており、通訳がついているようですが、前述の条件もある通り、海外留学や、在住経験者を優遇するということから、ある程度の語学力は身につけておいて損はないといえるでしょう。学歴や転職回数、離職期間などは問わないとなっていますから、建築士としての確かなスキルがあれば問題なく採用されるケースが多いと言えるでしょう。

海外系の求人の多くは、日本における一般住宅のような小さな規模ではなく、ランドマークや大型ショッピングモールレベルの大規模建築の案件がほとんどですから、建築士としてこのような建築物に携わりたいと思っている方や経験者にはオススメです。月給は30万円から65万円となっており、経験10年で年収700万円、経験15年で年収900万円といったところがモデルケースとなっています。休日設定も土日祝日休みの完全週休二日制の所が多いですから、待遇面では一般的な日本企業よりも優れていると言えるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.