休日が取りやすい(土日休みなど)建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 休日が取りやすい(土日休みなど)建築士求人

休日が取りやすい(土日休みなど)建築士求人

建築士は基本的に、土日が休みづらい職業です。なぜかというと、土日に依頼者と打ち合わせをすることが多いからです。依頼者は、特別な仕事をしていない限り土日が休みなわけですから、それだけ土日の話し合いが多く、建築士もそれにスケジュールを合わせる形になります。ではいつ休むのかといえば、まったく休みがないか、あるいは平日もしくは土日の休める日に休むことになります。このことは休日が取りやすい求人を選ぶ上で、かなり重要なポイントとなることでしょう。

特に、設計納期が近づけば近づくほど、建築士はより忙しくなります。建築業務においても、それぞれ納期が設定されているので、それに間に合わせるように作業を行わなければいけません。もしも遅れるようなことがあれば、信用に関わりますから、休みを取っている暇が基本的にないのです。場合によっては、依頼者から変更を頼まれたりして、作業をやり直すこともあります。その代わり、大仕事が終わった後は、まとまった休みを取ることもできます。もし納期前に休みを取りたいと考えるのなら、よほど効率の良い業務の進行が不可欠になると言えます。建築士の勤務時間は、9時から18時までが基本ですが、それは納期が差し迫っていない場合に限ってのことです。

特に土日に休みを取りたいという場合は、求人情報欄にある項目をよく見ておくのがいいでしょう。というのも、求人によっては「土日休み」をアピールポイントにしているところがあるからです。場合によっては条件付きでの土日休みの可能性がありますが、そういった条件がなければ、見込みは大きいのです。土日に休みづらいことの多い建築士と言っても、どの職場においても休めないというわけではありません。勤務先によって業務量が変わるため、業務量が少なめの求人を探せばいいのです。特に、一般住宅以外の業務を中心に取り扱っている会社の求人は、土日に休みやすい特徴を持っているため、参考にするといいでしょう。

勤務先の会社の違いでみると、基本的に大手ほど忙しく、休日が取りにくい傾向にあります。しかし、もちろん大手の会社ほど給料や福利厚生は優れているので、全体的な条件は悪くありません。また、特に大手のゼネコンはその傾向が顕著に表れます。それに対して、会社が小規模なほど、常に忙しいということがないので、休日も取りやすい傾向があります。その他、業種で選ぶと、監理業務は休日を取りやすい傾向があります。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.