建築士の面接対策

建築士求人TOP >> 条件別 >> 建築士の面接対策

建築士の面接対策

就職において面接はとても重要なポイントです。その人の能力については職務経歴書から判断することはできますが、人柄やどんな考え方をしているのか、さらには書類にまとめたものではなくすぐに出てくる知識が求められるからです。いくら履歴書や職務経歴書をしっかりとまとめても、面接でぼろがあったらすべて台無しになってしまうこともあるのです。

明るく元気のある人は、建築士だけではなくどんな業界でも求められる人材です。流石にキャラを作ってしまうのは大変ですが、ハキハキと答えられるように意識してください。建築設計は能力主義と言っても、これから一緒に仕事をしていく人を見極める面接では、どんな人柄なのかはしっかりとチェックされます。加点される要素で固められれば良いのですが、難しい場合は少なくとも減点されないことを心がけてください。

多くの人が持っている建築業界のイメージとしては、体力があって根性がある人が多いというものです。そこに高い技術力を持っている人ということになりますが、それらすべてを自然に兼ね備えている人はまれです。そうありたいと思うことは間違いではありませんが、そのようなキャラクターを意識しすぎるとぼろが出てしまいます。嘘だとばれてしまうくらいなら、最初から自分のキャラクターを通した方が印象は良くなります。実際のところ、建築業界は人手不足に悩まされています。そのため、上記のような人だけを求めているわけではなく、人として礼儀があり、素直で前向きな人であることが伝わるだけでも大丈夫です。

実際に面接が始まると、様々なことを聞かれます。志望動機、自社に対する思いの強さや理解度、そして今後のキャリアプランについて聞かれます。また自己紹介や退職理由についても面接では当たり前の質問として用意されています。この質問では、内容よりもその人がどのような考え方を持っているのかをチェックするために使われています。要点をまとめて話をできるのか、どのようなビジョンを持っているのか、ストレスに対して強いのかそれとも弱いのかなどです。退職理由は、何かが嫌だったからではなく、新しくしたいことがあるからという前向きな理由でアピールできるようにしましょう。

建築士は設計管理の仕事ですが、設計をする際には顧客との話し合いが必要不可欠です。そして言われたことをしっかり把握し、何ができて何ができないのかをわかりやすく伝えられなければなりません。その能力を測る場としても重要視されているので、面接対策はしっかりと行うようにしてください。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.