大手企業の建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 大手企業の建築士求人

大手企業の建築士求人

建築士での転職を目指す場合、やはり年収面などの条件面の良さを優先した場合、それが優遇されているのは、やはり大手と呼ばれる企業になります。建築士転職にとっての大手とは、いわゆるスーパーゼネコンと呼ばれているような企業になります。ゼネコンの上であるスーパーゼネコンは、大手を通り越して、超大手でも足りないくらいに建築業界の巨大案件は独占している状況にあります。巨大なプロジェクトの元請けをし、その仕事を中小企業などに子請け、孫請け、ひ孫請けといったように分配しているような状況なのです。

つまり、子請け、孫請け、非孫請けのような下の階層の企業にいる以上、建築士の本分である設計という仕事は回ってこないのが当然のこととなるでしょう。ですから、バリバリと巨大な案件で設計をしたいのであれば、これらのスーパーゼネコンへと転職を目指すのが一番の近道になります。このスーパーゼネコンと呼ばれている企業はたったの5社しか存在しません。

スーパーゼネコンは鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組、竹中工務店の5社になります。これらの企業の設計部に転職することが出来れば、まず間違いなく建築業界において、建築士としてトップクラスでの待遇面を獲得することが出来ますし、その上で建築士の本分である設計の仕事を、大規模なプロジェクトの中で振るっていくことが可能だと言われています。一級建築士でも平均年収が650万円前後と言われている中で、これらのスーパーゼネコンの平均年収は、850万円から1000万円にも及びます。

こういった年収面の違いから見ても、受注出来る仕事量や、プロジェクトの規模というものが桁違いであることが分かるでしょう。特に公共施設や空港、有名な建築物などを見てみれば、ほとんどの建築物の施工にこのスーパーゼネコンの5社のいずれかの名前が刻まれていることが分かるでしょう。それほどの主要な建築物の建築はこれらの企業が手がけているという世界なのです。

これらのスーパーゼネコンに転職を成功させるためには、様々な条件をクリアする必要があり、求人もそこまで豊富に存在しているわけではありません。建築士の本分である設計ということに関して言えば、日建設計や三菱地所設計、NTTファシリティーズ、日本設計などの設計事務所は設計事務所というジャンルで言えば大手と呼べる企業になります。建築業は、前述にある通り、何気に少数の大手企業がほぼ持ち回りで独占しているような傾向があるため、ターゲットを定めやすいとも言えるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.