管理建築士の建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 管理建築士の建築士求人

管理建築士の建築士求人

建築士の資格を取得している方の中には、管理建築士の求人を探している方もいらっしゃることでしょう。基本的に建築士事務所などでは、専任の建築士がそれを管理しなければならないというルールがあります。一級建築士事務所では、当然に一級建築士資格を有している人材が管理をしなければなりませんし、二級ならば二級以上の建築士。木造であれば、木造建築士が専任で管理をする必要があるのです。ただし、管理建築士になるには、建築士として3年以上の設計等の実務経験が必要になります。その上で、指定登録講習機関が実施している管理建築士講習を受け、設けられている課程を修了しなければ、管理建築士になることは出来ません。

管理建築士になれる条件というのは細かく設定されています。基本的には専任制が高い職種なわけですから、事務所などに常勤をし、管理建築士の職務のみを全うしなければなりません。例えば個人事業主などを兼職している場合、管理建築士としては認められないルールになっています。

更に他社の代表取締役などに名義貸し的な感じで依頼をすることも認められていません。更に自社の監査役などを行なっている場合も管理建築士としては認められないため、それ専門の人材を雇用するというのが一般的な考え方になります。ただし、一度そのポジションが埋まってしまうと、前任者が退職や辞職するまでなかなかポストが開かないという特徴も持っています。

実際に出されている管理建築士の求人を見てみると、年収は比較的に高く600万円から750万円といった所が多く見られています。職務内容としてはプロジェクトの企画立案や、建築物の完成まで建築関連業務を管理していくという内容です。リフォーム工事や修繕工事のスケジューリングや、クライアントとの打ち合わせ。現場スタッフへの指示出しなど、工事が無事に完了するまで監督をしていく仕事になります。技術者の選定や人材の配置。他にも業務管理などを具体的には行なっていきます。

応募条件として必須なのは、やはり管理建築士の資格を保有している者。他にも建築や土木施工管理の経験者。建築関連のパソコンソフトの使用経験などとなっている所が多いですね。とにかく管理建築士というのは、非常に多くの人間とか変わっていく仕事です。クライアントはもちろん、施工担当者や技術者とも関わる仕事ですから、人物を重要視する企業が多いようですね。スキルや知識はもちろんですが、コミュニケーションスキルやチームワークなどの人間性も重要視されることを覚えておきましょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.