残業が少ない建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ない建築士求人

残業が少ない建築士求人

建築会社に勤めていると、残業や休日出勤などは当たり前で、特にそれらに対して、大した手当もつかないのが当然というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。こういった待遇で思い悩んでいる方の多くは、公務員建築職などを目指すケースが多いものですが、公務員建築職の場合でも、残業は当たり前ですし、工期が迫っていれば、休日出勤も求められるのは、民間企業と一緒なのです。このような現実を知ると、建築職に残業なしや休日出勤なしはあり得ないのかと諦めてしまう方もいることでしょう。

ここでは残業が少ない建築士求人について紹介をしていきましょう。建築士といった職種を見た場合、担当する建築物の種類がどのようなものなのかによっても変わってきます。例えば、公共の建築物を対象としている企業の場合、クライアントとなるのは、当然に行政になりますから、平日昼間に打ち合わせなどが多くなりますね。更に勤務時間は夕方までになっていますから、それに合わせた勤務時間が確保でき、残業は少ないと言えるでしょう。

逆に一般住宅の場合には、平日はお仕事をされている方が多いですし、夕方以降の打ち合わせか、休日である土日に話し合いの時間を設けなければなりませんよね。このように転職しようとしている企業のクライアントのメインが、どのようなものであるのか。どのような建築物を主軸として事業を展開しているのかによって、残業時間の有無は変わってくるのです。

ただし建築業界において、残業なしで働きたいと思っている場合には、給与のアップはかなり厳しいと言わざるを得ません。勤務時間を取るか、給与を取るかといった選択肢を迫られることでしょう。一挙両得のようなケースはかなり稀といえるでしょうが、転職エージェントの非公開求人であれば、こういった稀少案件も存在している可能性が高いでしょう。ただ基本勤務時間は、9:00〜18:00という条件で募集している求人は以外と多いものです。

ただし、納期に関しては非常にシビアですから、納期を守るためには、当然に残業も辞さないという気持ちは大事なことではないでしょうか。設計が終わっていなければ、それに関わる大工や左官、電気工事士などが動く事はできません。つまりは、一つの建築物に関わる全ての人間に迷惑を掛けることになるため、納期間近での残業はある程度に覚悟をしておいた方が良いといえるでしょう。プロジェクトや建築物の違いによって、残業の有無も変わってくることを覚えておきましょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2017 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.