二級建築士の建築士求人

建築士求人TOP >> 条件別 >> 二級建築士の建築士求人

二級建築士の建築士求人

一級建築士資格保有者が溢れているような現在の状況では、二級建築士資格しか持たない人材の転職は厳しいという声も少なくありません。現在の建築業界は、中小を中心に倒産する建築会社が多く、一級建築士なども余っている状況だと言われています。ですから、資格取得者という観点だけで見ると、小さな工務店やハウスメーカーといった所であっても、何気に一級建築士資格取得者は、何気に存在していると言われているのです。

ここで覚えておいて欲しいことは、二級でも一級でも資格取得というところを武器にして転職活動をしてはいけないということです。要は建築士としての経験や技術、そしてそれらから取得してきた知識というものこそが武器になり得るということです。ただ名ばかりの一級建築士資格を取得しているだけで、現場での経験がない建築士よりも、二級建築士資格しか保有していなくても、幅広い分野での設計経験や現場経験を有している人材を重宝する傾向があるのです。

ただし、やはり書類審査などが一次審査になっているケースでは、一級建築士という資格取得者と、二級建築士という資格では、前者の人材を確保しようとするのは当然です。ですから、自身の経験や技術力、知識やプロとしての意識の高さや使命感などを履歴書や職務経歴書の中で、上手に表現することが大事なのです。こういった特徴がありますから、書類作成に定評がある転職エージェントに登録をして、サポートをしてもらうことが重要になってきます。

二級建築士向けの求人を見てみると、やはり目立つのは、分譲住宅や注文住宅における建築施工管理の仕事が多く見られています。それぞれの施工段階に合わせて、基礎工事や筋かい工事、断熱工事、竣工などの進行管理を行なっていきます。応募資格は高卒以上の学歴で普通自動車免許取得者。二級以上の建築士資格と、二級以上の建築施工管理技士資格を有している方優遇となっています。

基本的に二級建築士向けに出されている求人の多くは、一級建築士資格保有者優遇となっていることが多いため、前述にもある通り、資格の面では劣っていても、現場経験の豊富さや、持っているスキルや知識というものが上回っているということを書類作成の面でも、実際の面接の面でもアピールしていくことが、採用・不採用を左右することになります。ですから、転職エージェントに登録をして転職活動を進めていくことが、何よりも転職成功の近道になり得ると言えるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.