建設会社(ゼネコン)の建築士求人

建築士求人TOP >> 人気 >> 建設会社(ゼネコン)の建築士求人

建設会社(ゼネコン)の建築士求人

建築士の求人の中でも、ゼネコンやスーパーゼネコンといった建設会社(ゼネコン)の建築士求人に人気が集まっています。それもそのはずです。何故ならば、従業員数が多く、規模の大きな企業の方が、建築士としての待遇面が圧倒的に良いからなのです。一般的に500万円台後半が建築士の年収とされていますが、スーパーゼネコンや大手ゼネコンの平均年収を見て行きましょう。

スーパーゼネコンと呼ばれる企業は主に5社。大成建設と鹿島建設、清水建設に大林組。そして竹中工務店が日本国内ではスーパーゼネコンと呼ばれています。大成建設では年収は868万円。鹿島建設だと865万円。清水建設は864万円。大林組で853万円。竹中工務店では843万円というのが平均年収になっています。業界全体の平均が500万円台なわけですから、約300万円も年収にさが出てくるわけです。こうなれば当然にこれらの大手を転職先にしたいと思うのは、当たり前の事といえるのではないでしょうか。

この5社に次ぐ、大手ゼネコンと呼ばれるNIPPOでも827万円。五洋建設で750万円。前田建設工業では743万円とやはり200万円から300万円の年収差があるというのが現実です。ゼネコンやスーパーゼネコンの職務内容を知りたい場合には、各社のホームページで情報を収集するのが一番です。もしくは、転職サポートなども兼ねて、転職エージェントに登録をして、様々な情報をリサーチしましょう。実際に転職実現をさせた方のインタビューなども掲載されており、そういったものを参考にしましょう。

建築士が目指す設計部門ですが、ゼネコンの場合、自社持ちで設計部門を有している所と、完全に外部の設計会社にアウトソーシングしている所とがあります。また案件ごとにこれらを使い分けている所もありますから、あなた自身が求めている業務内容というものを事前にチェックし、それに見合った仕事が出来る所かどうかをしっかりとリサーチしておきましょう。そうでないと、自分が望む設計業務が出来ず、ミスマッチを感じることになるのです。

他にも建築士の知識や経験を活かした研究開発業務なども求人では多く見られています。近年では顧客のニーズが非常に多様化している時代ですから、ゼネコンは特に技術開発部門に力を入れている状況ですから、何気に求人が豊富に見られています。更に外部の様々な業者とコミュニケーションを行う現場の仕事も沢山に存在しますから、自身の建築士としての方向性をしっかりと定め、転職活動を行なっていきましょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.