官公庁の建築士求人

建築士求人TOP >> 人気 >> 官公庁の建築士求人

官公庁の建築士求人

建築士の転職先は非常に豊富に用意されているものです。その中の一つが、官公庁の建築士求人になります。官公庁の建築物を請け負うとなれば、ある程度に規模の大きな建築会社やゼネコンといった所が主な転職先になるといえるでしょう。ですから、ある程度の経験やスキル、人間性などが求められることは言うまでもありません。他にも官公庁に特化したいというのであれば、公務員の技術職を目指すことも一つの方法ですね。

官公庁の建築物というのは、一般住宅などとは違い、不特定多数の人間が利用するという前提だったり、利用目的というものがそれぞれに違っているため、それぞれに求められる条件というものが細かく違っている傾向があるのです。そういったものの知識は、ある程度に官公庁の仕事を経験した人間しか把握できていないことが多いものです。ですから、建築士の実績があっても、民間系の建築物しか手がけたことがないといった場合には、なかなかに採用されるのは難しいと言われています。

他の建築士求人と比較すると、官公庁に関連する求人は、確かに少ないと言わざるを得ません。ですから転職エージェントなどを上手に使い、大手はもちろんですが、中小規模でも、地元に密着しているような建設会社などに転職のターゲットを絞るようにしていきましょう。官公庁関連の建築士求人を見てみると、施工会社の選定や工期管理といった業務範囲の求人が目立っています。

実際に出ている求人では、官公庁の防災無線の設置業務や、携帯電話の基地局の新設、更に店舗工事まで幅広く行なっている企業からの求人が見られます。募集条件としては、高卒以上の学歴で年齢は40歳まで。電気や建築、土木のいずれかの業界経験者であり、施工管理の経験者となっています。年収は300万円から550万円で、年収例では30歳で450万円、38歳で550万円といったモデルケースが紹介されています。官公庁が相手の企業ですから、土日祝日休みの完全週休二日制となっており、年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休暇などがプラスされます。

官公庁向けの建築業をしている企業のほとんどが、官公庁の活動時間とリンクしていることが多いため、建築業界ではなかなかに難しいと言われる土日休みの完全週休二日制であるというところは、何気にポイントが高いのではないでしょうか。特に家庭を大切にしてある程度に安定した年収を獲得したいと思っている建築士の方などにはオススメの案件と言えるでしょう。

建築士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

建築士転職の基礎

条件別の建築士求人

人気の職場の建築士求人

地域別の建築士求人


Copyright (C) 2014-2018 建築士求人ランキング【※資格を活かした転職】 All Rights Reserved.